WEB広告運用は楽しい?つまらない?7年経験したけど、結論面白い。

こんにちは、広告運用が得意なマーケターのマサユキです(@masa_blogra

最近はWeb広告運用を目指す人が増えてきましたが、肝心の仕事って面白いのだろうか?とチラホラ耳にするようになりました。
僕の感想としては、広告運用はとても面白い仕事ですが、同時につまらない部分もある仕事だと認識しています。

 

この記事の内容

  • 広告運用の楽しいところ
  • 広告運用のつまらないところ
  • 結局、広告運用ってどうなの?

 

読んでほしい人

  • これから広告運用の仕事を始めようと考えている人
  • 広告運用のスクールを終えて、転職活動を始める人

 

僕の経歴
  • 広告運用歴7年以上
  • 支援会社、事業会社どっちも経験
  • 運用〜教育まで一通り経験済
  • 広告運用者→マーケティング戦略全担当にキャリアアップ
  • カスタマーサクセスとか広報ヘルプとかにも幅を広げている

それでは、よろしくお願いします!

 

マーケティング求人が豊富なサイト

とにかく求人数が豊富。
特に未経験は求人数が重要なので、必ず使いたいサイト。

広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン
大手から中小のマーケティング系がとても豊富。
どちらかというと、ある程度経験がある人向け。

スポンサーリンク

WEB広告運用は楽しい?つまらない?7年経験したけど、結論面白い。

まず、広告運用は楽しい仕事だと思います。

 

  • 成果がすぐにわかるのが楽しい
  • 知らない業界に関われるのが楽しい
  • 論理的で創造的

 

それぞれ、深堀していきます。

成果がすぐにわかるのが楽しい

Web広告は自分のアイデアの結果がすぐに数値として返ってきます。
その数値はCTR・CV・CPAなどに現れるのですが、アイデアが正しければ数値が改善するし、正しくなければ悪化します。
すぐに結果がわかるというのは仕事をする上でとても大事で、何も反応がないと仕事の目的がわからなくなりますよね。

この短いスパンで、アイデア↔検証を回せるのは広告運用ならではの特権です。
数値の上下はともかく、自分の思考が市場から常にフィードバックされるのは、自分の存在意義を感じられるので楽しいですよ。

知らない業界に関われるのが楽しい

支援会社やフリーランスに限定されますが、広告運用では自分の人生と全く関係ない業界の商材を受け持ちます。
広告をスタートする際に業界や競合を分析するのですが、未知の業界を足を踏み入れるのは面白いです。
イメージとしては、大学生が就活の時に色々と業界を見て回ってキラキラと未来を創造する感覚に近いでしょうか。

自分の会社以外にも、いろいろと足を踏み入れたい!と考えている人にとっては、とても刺激的なはずです。

論理的で創造的

広告運用は、論理も想像力もフル活用します。
論理は数式の分解であったり、フレームワークを実施策に落とし込む時に多様します。
想像力は、ターゲットに刺さるクリエイティブを考えたり、ターゲットの思考や行動を予想する時に多様します。
そして、2つを上手にブレンドさせることで、ロジカルかつクリエイティブな精度の高い施策が完成します。

なので、論理好きな人も創造が好きな人も楽しめるのが広告運用です。

スポンサーリンク

広告運用のつまらないところ

そんな楽しい広告運用ですが、もちろんつまらない部分もあります。

  • 地味な作業がとても多い
  • 成果が出ないとつまらない
  • 自分ではコントロールできない部分も多い

地味な作業がとても多い

広告運用はわりと地味な作業が多めです。
例えば、入稿・予算管理・表計算ソフトの操作・その他管理など。
それぞれの作業はすべて大事なのですが、作業そのものは特に楽しいわけじゃないです。

最初は新鮮かもしれませんが、案件数が増えるとルーティンみたいになってきます。
外部ツールを使って時間を短縮したり、Pythonを使って自動化の仕組みを作るなど工夫しないと中々退屈かと思います。

成果が出ないとつまらない

他の仕事にも言えますが、やっぱり成果が出ないとつまらないです。
広告運用の場合、複数の案件を同時に受け持つことになりますが、全て成果が出なかったりしたら最悪です。
運用者はクライアントや上司に報告する義務があるので、成果が出ない時期が続くとつまらないどころか、胃が痛いはずです。

自分ではコントロールできない部分も多い

広告運用は、広告媒体やクライアントの意向に左右されやすい側面があります。
広告媒体には機能の仕様変更や廃止など、クライアントには案件の目標・継続の可否などがです。
仮にどれだけ成果が出てたとしても、媒体やクライアントがNGと言ったらNGなのです。
そういう意味では、完全にすべてを自分でコントロールしたい人にとってはつまらない、と感じる部分もあるかもしれません。

結局、広告運用は面白い?つまらない?

ad-operation-fun-tired

 

広告運用は面白い仕事です、それは間違いないです。
確かにつまらない部分もありますが、それを差し引いても面白い部分が多いです。

そしてこれから広告運用をする人へアドバイスするなら、広告運用を楽しいものにするには、成果を出せる勝ちパターンを一日でも早く見つけるのが大事です。
もう少し具体的に言うと、どんな案件が来ても、クライアントから提示された目標をコンスタントに達成できる道筋が見えていないと、つまらない仕事になる可能性大です。
ここが見えてれば、つまらない作業もそこまで苦にはならないでしょう。

広告運用を楽しいものにするには、しっかりとコンスタントに成果を出せるスキルを身に着けましょう。

マーケティングのキャリア、広告運用ノウハウ、メンタルケア情報を発信してます。
フォローしてくれたらとても嬉しいです!(@masa_blogra

スポンサーリンク
デジプロ/実践向けWeb広告運用スクール
2ヶ月で広告運用をマスター
フリーランス、副業で広告運用できる
業界有数の現役マーケターが指導
現場を意識した実践向け広告運用

\30秒で予約完了。7日以内全額返金保証/

マーケティングや広告運用の情報を発信中