【最短で学習】広告運用の独学方法と注意点を経験7年の僕が解説

本記事では、広告運用の独学について解説しています。
広告運用は未経験からでもチャレンジでき、独学で学習できる仕事です。
でも今いる環境によって、到達できるレベルと学習アプローチが結構違ってきます。
今回は、独学の2つのパターン紹介しつつ、それぞれに合わせたおすすめの勉強法を紹介します。

 

こんにちは、HSS型HSPマーケターのマサユキです!(@masa_blogra

東京のWEBコンサル会社で、7年くらい広告を運用しています。

最近はテレワークできる仕事の需要が高まっていますよね。
柔軟な働き方を求めて、テレワークできるWEBマーケティング、広告運用に興味を持った人も多いんじゃないでしょうか。

そして、未経験の人は多分こう思ったはずです。

 

広告運用って未経験からでも独学できるのかな??

 

結論、広告運用は独学で勉強できます。
ただし、案件を持てる環境か否かで、到達できるレベルと学習方法が大きく変わってきます。

僕は企業に属しているため、今のスキルはすべて実務を通して習得しました。
完全独学ではないですが、研修などは特に受けておらず、現場を通して疑問を自分で解決していく半独学みたいな学習スタイルでした。
なので、独学する人の気持ちや状況に合わせたアドバイスはできます。

そんな経験を踏まえて、独学の2つのパターンを紹介しつつ、それぞれが取るべき学習アプローチを紹介します。
ちなみに、独学=1人で学習、身近に詳しい人がいない状態、と定義します。

それでは、よろしくおねがいします!

スポンサーリンク

広告運用を独学方法と注意点を経験7年の僕が解説

広告運用の基本的な部分は独学できますが、今いる環境によって到達レベルが大きく変わってきます。
その環境とは、下記の2つになります。

 

  • 案件を持てる環境
  • 案件を持てない環境

 

この2つの人が6ヶ月勉強した場合に到達できるレベルを見ていきます。

案件を持てる環境

実際に、何かの案件を運用できる環境です。
どこかの会社に勤務しており、新しくWEB担当者になった・自分でチャレンジしてみたけど、経験者が周りにいないような人です。

この環境にいる人は、1人で運用できる最低限〜標準レベルくらいまでは到達できます。
標準レベルというのは、おおよそ下記のイメージです。

 

  • 広告の戦略が立てられる
  • 戦略に基づいたアカウント構成ができる
  • 広告の入稿ができる
  • 機能を使いこなせる
  • 媒体側とやり取りができる
  • 成果の振り返りができる
  • 改善提案ができる

 

広告代理店でも、脱初心者くらいの位置かなと思います。
目標として上がることが多い、CV(成約数)とCPA(獲得単価)の感覚も少しずつ分かってきます。
簡単な案件なら、ある程度成果も出せるはずです。

しかし、標準以上のレベルを求められる案件だったら難しいはずです。
例えば、外部の解析ツールを用いた分析、売上や財務状況を加味した調整、過去の事例をもとにしたシミュレーションなど。
高度な分析を行おうとしたら、必ず広告外の要素が絡んでくる運用が必要になってきます。

周りに経験者がいない環境だと、こういう時は苦労するはずです。
もちろん時間をかければできるようになりますが、広告は毎日お金を消費するので悠長に待ってもいられません。
ここが、案件は持てる独学の人の大きな壁になります。

広告運用のスキルは、自分の経験+他人からのアドバイスの2つで成り立ちます。
そして、自分のスキルをグイッと引き上げてくれるのが、他人や先輩からの運用アドバイスです。
僕も何度も救われました、本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

オススメの勉強法は動画講座

とはいえ、まずは基本の理解が最優先です。
高度な運用をやるにしても、土台になるのは基本的な運用スキルです。

この環境にいる人にオススメの勉強法は、下記の2つです。

 

  • 1,000〜2,000円くらいの本
  • 買い切り型のオンライン講座

 

できれば、動画での勉強を強くオススメします。
本よりも情報量が多く、理解を深めやすいからです。

オススメの動画サイトはUdemyです。



Udemyは世界最大のオンライン学習サイトなのですが、そこで広告運用に特化した講座が用意されています。
講座は買い切り型なので、一度買ってしまえば後は費用は発生しません。
初めて利用する人向けの値引きも行っており、価格も2,000円くらいから購入できます。

内容もとてもオススメできる充実したものになってます。
僕も過去にSNS広告の講座を買ったのですが、必要な項目は網羅されていました。
基本設定〜実務を意識したテクニックが満遍なく紹介されているので、周りに聞ける人がいない独学者へのリターンはとても大きいです。

下記に初心者が特に受けてほしい講座を3つピックアップします。
Google広告とFacebook広告は大半の案件で必要になる媒体なので、この2つはマストで理解しましょう。


 

 

この動画を見て、実際の自分の案件でアウトプットして知識を定着させましょう。

 

マンツーマンの商材は不要

広告運用にはマンツーマンの良質な教材もありますが、案件をいじれる環境にいるなら後回しでもいいです。
独学とはいえ現場という最強の学習教材があるので、それを徹底的に活用するほうがいいです。
もし、最初から体系化されたノウハウを学びたい、最短で学習したいなら最初から活用してもいいと思います。

案件を持てない環境

実際に運用を経験できない環境です。
広告運用をしたいけど社内にWEB系職種がない人、フリーランスとして始めようと考えている人などです。

この環境にいる人は、各媒体が提供している試験に合格するレベルには到達できるはずです。
具体的には、下記のとおりです。

 

  • 広告の一般的な概論
  • 指標の意味
  • 管理画面の最低限の操作

 

ただ、どこまで行っても知識レベルの域を出ないため、実務レベルのスキルは身につかないです。
案件を持てない状態での学習は、相当早い段階で成長が頭打ちになります。
アウトプットできないインプットは、定着率も悪いですし応用力もつかないです。

例えば、広告には「表示回数、クリック数、コンバージョン、コスト」っていう4つの基本指標があります。
勉強すればそれぞれの意味は分かるりますが、指標同士がどのように有機的に結びついているか腹落ちするのは難しいはずです。
こういうのは、知識だけでは限界があります。

独学や未経験者が本当にインプットすべき知識量って、すごく限られています。
前もってインプットするのではなく、運用中に分からないことが出てきたら都度調べるのが最も効率良い勉強法です。

 

オススメの勉強法はアルバイトかマンツーマン教材

案件を持てない人は、とにかく実践に近い勉強法を探しましょう。
実践に近いことができる方法は、下記になります。

 

  • 広告代行会社でアルバイト
  • マンツーマン系の教材

 

個人的に一番オススメなのが、広告代行会社でのアルバイトです。
時間を捻出する必要はありますが、実務も経験できてお金も貰えるなんて最高です。
会社員の人で副業が許可されているなら、最優先で検討しましょう。

ただし色々ハードル高いので、現実的かつ効果が見込める勉強法はマンツーマン教材です。
前述したように、広告運用のスキルは自分の経験+他人からのアドバイスの両方が重要になります。
案件を持てない人は自分の経験が積めないので、専門家からのアドバイスやフィードバックが大きな意味を持ちます。
マンツーマン教材も完全に現場と同じことができるわけではないですが、知識のアウトプットや実務を意識したテクニックを教えてくれるはずです。
また、担当する講師も現場経験が豊富な人が多いので、現場の知識をしっかり吸収できると思います。

オススメのマンツーマン教材を3つ紹介します。

 

 

 

広告運用に特化するならデジプロ、WEBマーケティングをトータルに見るなら残り2つがいいと思います。

 

 

以上が、案件を持てない人がスキルアップするための現実的な方法になります。

他にも、自分で広告を出したり、副業サイトで案件を獲得する手もあります。
ただ、これらは再現性が低く手間もかかるため、最終手段として考えるくらいでいいと思います。
副業サイトでは、制作系の案件を一度獲得し、付加価値として広告運用を提案するとかなら、少し可能性あるかも。

とは言え、案件を持てない人は、自分ひとりで学習するのは限界があると認識しておいていいです。

スポンサーリンク

とにかくアウトプット優先で学習しよう

 

 

本記事をまとめます。

 

  • 広告運用は独学可能
  • ハイレベルな運用は難しい
  • 案件を持てる人は、6ヶ月で1人で運用できるレベルに到達可
  • 案件を持てない人は、表面上の知識のインプットしかできない

 

 

どちらにも共通してますが、大事なのはアウトプット量です。
インプットは基本さえ分かっていれば、初心者がリソースをかけるべき部分じゃないです。

案件を持てる人は、いろんな機能を使い倒すことを心がけましょう。
案件を持てない人は、とにかく実務経験をつめる環境を探しましょう。

何か分からないことや聞きたいことがあれば、Twitterにメッセいただければお答えします!

朝活、Webマーケ、広告運用、メンタルケア情報を毎日発信してます。
フォローしてくれたらとても嬉しいです!(@masa_blogra

スポンサーリンク

マーケティングやメンタルケア情報を毎日発信中