【心配性の焦り対策】→  30分前行動で心が落ちつく/10分前は遅い

 

自分は心配性ですぐに焦ってしまいがち。
どうすれば落ち着いた毎日を過ごせるのだろう??

 

こんにちは、マサユキです。

常に30分前行動を意識しています。
結果、心に少し余裕が出てきて無意味に焦ったりすることが減りました。

心配性な人やHSPの人は、常に30分前行動を意識するといいですよ。

スポンサーリンク

【心配性の焦り対策】→ 30分前行動で心が落ちつく

 

30分の余裕があると、ストレスを減らせるので気持ちが楽になります。
主にこんなストレスを減らせます。

 

1 急かされるストレス
2 落ち着く時間がないストレス

 

1急かされるストレス

忙しい雰囲気とか慌ただしい空間は疲れます、HSPならなおさら。
例えばこんなもの。

 

・ 忙しそうな雰囲気
・ 電車遅延した時の焦り
・ スピード持って行動しなきゃいけない思い込み

 

特に都心は顕著ですが、やたら忙しそうな雰囲気漂ってますよね。

腕時計見ながら走り回ったり、有無も言わせない会話の応酬など、ゆっくりするのが悪いような気さえしてきます。
そんな中で暮らしていると、悪い意味で気持ちが高ぶります。
そして、僕みたいなストレス耐性低い人間は、余裕がなくなり疲れ果ててしまいます。

実際忙しい気持ちもよく分かります。
僕もどうにもならない時とかもありますし。
でも、ここは自分の特性をしっかり見極めないと体に異変がでてきます。

合わない環境に気付かないままいるのって、ほんと危険です。
ストレスの原因が自分のコントロール外にあると、どうにもできないですから。

だから、自分が周りに流されない時間感覚を持つことが大事です。

僕の場合、だいたい30分〜1時間行動がそれにあたります。
かなり早めの行動ですが、プレゼン前・待ち合わせ前など、自分の心を良い状態に持っていくために欠かせないんです。

周りが忙しいのは変わりないけど、自分なりの時間感覚を持っておけば結構ストレスは減らせますよ。

2落ち着く時間がないストレス

何かする場合、その前にゆっくり落ち着く時間がないとストレスかなと。

例えば、打ち合わせ前は話す内容とかを考えますよね。
心配性な人は、その後に更に30分くらい一人の時間を取るのがオススメです。

カフェとかなるべく落ち着ける場所がいいですね。
そして、そこであまり何も考えずゆっくり心を落ち着けてみましょう。

 

・ 深呼吸
・ ゆっくりした音楽を聴く
・ スマホを見ずに周りの景色を眺めてみる

 

心に落ち着きが出てくると、自分なりの臨戦態勢が出てきますから。

スポンサーリンク

これだけで効果あるとは思えない

確かに、性格改善ではないので打たれ弱さは変わらないです。
でも、大事なのは疲れの原因となるボールの数を減らすことです。

早く行動するだけで悩みのタネが全て解消するわけではないけど、時間的な余裕があると心の平穏が全然違います。
周りのスピードに合わせる必要は全くないかなと。

30分前に目的地付近でお茶するくらいがちょうどイイ

 

理想は、30分〜1時間くらい前に近場のカフェとかでゆっくりするのがオススメ。
そこで、じっくり自分の心を落ち着け目的のものに向かいましょう。
勤務時間であれば、お昼休みを調整してその前に持ってくるのも有効です。

場数を踏めば、時間に余裕がなくてもなんとかなったりもします。
それまでは、ゆっくり時間に頼ってのんびり行きましょう。

スポンサーリンク

マーケティングやメンタルケア情報を毎日発信中